パソ友マガジン204号2010/11/24

いつもパソ友マガジンをご愛読いただきありがとうございます。

■日吉パソコン教室情報誌Vol. 204  2010/11/24 号をお届けします。

2010.11.24 Wed


「アップル社のホームページのトップ画面で、11月17日の午前0時に重大発表があると報じられました。
白地に「明日いつもと同じ一日が、忘れられない一日になります」とだけ表示され、カリフォルニア、ニューヨーク、ロンドン、東京の時計の絵が載っているだけの画面でした。
このことで多くの憶測を呼びました。

日本語での発表は珍しいので、twittreやブログなどでは、話題沸騰でした。
私も、iPadやiPhoneなど矢継ぎ早に出しているアップルのことですから、何が飛び出すのか興味津々でした。予告どおり17日午前0時に発表がありました。

なんとそれは・・・・ビートルズの音楽配信がiTuneストアで始まったという告知でした。
Apple社はかつて一世を風靡したAppleレコードを蘇らせたのです。
社名やリンゴの絵柄のロゴの使用を巡って係争関係になり、印税を巡る訴訟などもあり、「ビートルズはネットで作品が購入できない最後の大物アーティスト」と言われていたが、一連の訴訟が和解し、ネット配信が実現したのです。

ちなみに、Appleレコードはビートルズのメンバーのリンゴ・スターが作ったのではありません。(そう思っている人がいるらしい)

iTuneストアでは、13枚のアルバムや名曲集などがダウンロードできます。
価格は、日本では1曲200円、アルバム2,000円、2枚組みアルバム3,000円です。
全13枚とプレミアム映像などがセットになったBOXは23,000円です。
これらはすべてCDを購入するのではなく、音楽データを購入するのです。
リアルタイム・ビートルズ世代の私としては、やっとネット配信が決まったかという思いです。

中学生のころ、クラスの仲間数人で白楽の白鳥座に「ビートルズがやってくるヤァヤァヤァ」を観にいったのを、ついこの間のことのように覚えています。
白鳥座は三本立てで洋画が観られたので、仲間とよく行きました。
三本立ては長丁場なので途中でお腹が減ってしまうので、仲間でぞろぞろ受付のおねーさんにお許しをいただいてラーメンを食べに外に出ました。
ちなみに、その時の三本立てはビートルズのほかにシルビー・バルタンの「アイドルを探せ」とボビー・ソロの「ほほにかかる涙」だったと思います。
ロードショー落ちの映画を、中学生が三本立てで観られるのですから、いい時代でしたね。

大分脱線しましたが、iTuneストアでは前出のビートルズの13枚のアルバム全曲の試聴と、40分にわたるビートルズのアメリカ初公演のビデオを無料で観ることが出来ます。
iTunesストアに行くにはiTunes(メディアプレーヤー)をダウンロードしてインストールする必要があります。すでにiTunesがインストール済みに方は、②に進んでください。
http://www.apple.com/jp/itunes/download/のトップページにあるEメールアドレス欄にメールアドレスを入力し、「今すぐダウンロード」の青ボタンをクリックし、ダウンロードし、インストールします。
②インストール後、左側のサイドバーメニューにある「iTunes Store」をクリックすれば、iTunesストアのトップ画面にはビートルズの四人が微笑んでいます。
中学のときに観た映画「ビートルズがやってくるヤァヤァヤァ」はアルバムタイトル「A Hard Day's Night」の中の曲が使われています。興味のある方はお試しください。


1.「第12回デジカメ作品コンテスト受賞作発表!」~今回は同点同順位が多数出ました


お待たせしました。第12回デジカメ作品コンテストの投票および集計が終了しました。今回は、写真部門40作品、カード部門32作品でコンテストが行われました。
デジカメピクニックに参加できなかった方や授業でカード作りがないコースの方でも積極的にご参加いただきコンテストを盛り上げてくださいました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
さて、今回のコンテストの特徴として、今までになく同点得票が発生しました。票がその方々に集まったということになるのですが、優秀賞・佳作・おしかったで賞の三賞の差があまりなかったということになります。参加者の実力が拮抗していたことの証でもあります。

写真の部 カードの部
優秀賞 S.S氏 優秀賞 A.A氏
Y.Y氏
佳 作 H.K 佳 作 K.N氏
S,S氏 H.U氏
E.K氏 N.M氏
Y.Y氏
おしかったで賞 T.N氏 おしかったで賞 E.T氏
K.N氏 Y.S氏

         ※敬称略

受賞された14名の方々、改めましておめでとうございます。惜しくも賞を逃した方々は次回のために傾向と対策を練っておいてください。それでは受賞作をごゆっくりご鑑賞ください。




写真の部

///優秀賞///

VIP2ndコース S.S氏
デジカメピクニックに参加された方は全員撮っている吾妻橋から臨むスカイツリーこの作品での出品は勇気がいるところ・・・しかしあえてチャレンジしたのは?
自信があったからかも。屋形船を入れたアングルといい、シャッターチャンスといいgood!



レギュラーコース Y.Y氏
デジカメ初授業にもかかわらず、センスのいいアングルとシャッターチャンスで高評価を得ました。デジカメピクニック参加後すぐに旅行したハワイの日の出を撮影。
初挑戦で佐藤氏と同得点の優秀賞はご立派。Y氏はカード部門でも入賞されています。



///佳 作///

VIP2ndコース H.K氏
早起きをしてデジカメピクニックの集合時間よりも前に撮影した画像とのこと。
今のうちならスカイツリーがアサヒビールの社屋に映り切るのですが、もっと伸びる入り切らないらしいです。貴重な一枚です。早起きは三文の得ですね。


VIP2ndコース S.S氏
起散歩コースでの撮影です。コスモスの赤紫と鮮やかな黄色には蝶々ならずともつい目が行ってしまいます。いつもデジカメを持ち歩いていると、お便りやカードにするのにうってつけの画像を手に入れることができますね。これからもいい写真を撮ってください。前回に続いての受賞です。


アドバンスト活用コース E.K氏
デジカメピクニックの時の向島百花園はまだ萩の花がまばらででしたが、この写真は百花園とは別の場所で10月に撮影したものです。左四分の一に奥行きのある遠景を持ってきています。
おそらく、投票された方は手前の萩とその向こうに続く日差しに好感をもたれたのでしょう。




カードの部

///優秀賞///


VIP2ndコース A.A氏
蓼科高原のバラクラガーデンで撮影した画像を利用してカードにしました。あいにくの雨で思うようにうまく撮れなかったそうですが、かえって趣のある雰囲気が出て、気品のある一枚が出来上がりました。今回同得点の受賞者が多い中、ダントツの成績で優秀賞に輝きました。




///佳 作///


VIP2ndコース K.N氏

デジカメピクニックで行った向島百花園で撮影した花々を使ってカードにしました。
作品はPhotoshop Elementsで作成されています。Photoshop Elementsはいろいろなテクニックが使えるので、大好きだそうです。プレゼントに添えるカードにうってつけですね。



VIP2ndコース H.U氏
デジカメピクニック当日は暑くカンカン照りでしたが、もやっぽくてスカイツリーがくっきりととれませんでした。そのシルエットぽいツリーを逆手にとり、印象的なカードに仕上げました。
センスもいいですね。カード作りのいいヒントになります。前回に続いての受賞です。



VIP2ndコース N.M氏

向島百花園での画像を使いPhotoshop Elementsで作りました。朝もやのような雰囲気で幻想的なカードに仕上げています。よく見ると萩のトンネルには萩の花が、また、芙蓉には蝶々がとまっています。M氏は前回に続いての受賞です。


レギュラーコース Y.Y氏
写真部門優秀賞にに続いての受賞。宿泊したハワイのホテルのベランダにいた仲睦まじいハトのカップルを激写。二人の距離が離れているときから撮影を始め、このようなベストショットを撮るに至ったそうです。ホテルで結婚式を挙げた若いカップルの写真をハートで切り抜き、添えています。結婚報告のカードにしたら最高ですね。初デジカメカードでこの完成度は脱帽です。これからもいい作品を作ってください。



おしかったで賞

レギュラー総復習コース T.N氏
古刹の苔むした木々を中心に据えて撮影しています。深閑とした荘厳さが漂う写真です。


VIP2ndコース K.N氏

デジカメピクニックのときに撮影された萩の写真ではとてもよく撮れた一枚です。
暑い中、花が小さくピントが合わせづらいところ、執念で撮ったクローズアップ写真です。



アドバンスト活用コース E.T氏
みんなとは別の日に出掛け撮影したスカイツリーです。背景はススキですが、豊穣の秋にすくすく伸びる稲穂になぞらえています。秋に天高く伸びるツリーと重なり、今を切り取っています。


VIP2ndコース Y.S氏
新旧のタワーに対する思いをカードにしています。
電車の中から撮ったスカイツリーに、東京タワーを並べ、スカイツリーでクリスマスツリーを作りました。
その独創的な発想は、既成概念にとらわれない柔軟な作風としていままでも楽しいカードを作ってこられました。自転車のアクセントもグーです。


後日、受賞者には作品のパネルを贈呈します。また、優秀賞の方にはささやかな記念品を合わせて贈呈させていただきます。授賞式は該当者の授業の時に単独で行います。

2.「今年最後の年賀状作成講座を開催します」~まだ年賀状が準備できていない方へ


《年賀はがき作成オプション講座》
今年も押し詰まってまいりました。11月に毎年恒例の「年賀はがき作成オプション講座」を開催しましたが、今回が最後の年賀状作成講座を開催いたします。

講座では、機能が充実し、来年の干支のサンプルが豊富に入っている楽々はがきデラックスを使います。
家だとどうも土壇場にならないと、始められない方、いまいち年賀はがき作りに自信がない方など在校生、OBを問いません。ご都合のいい方はふるってご参加ください。

日 時 2010.12.2(木)  13:30~15:3
定 員 各回とも6名
受講料 在校生 3,150円 卒業生 4,200円
応募締切 2010.11.29(月)