パソ友マガジン207号2011/1/5

いつもパソ友マガジンをご愛読いただきありがとうございます。

■日吉パソコン教室情報誌Vol. 207 2011/01/05 号をお届けします。

2011.1.5 Wed


本年第二弾のメルマガです。
皆様お正月はゆっくりと過ごされましたか。私は例年通り、権太坂で箱根駅伝を観戦しました。


今年の箱根駅伝は、記録あり、ハプニングありで見応えがありましたね。沿道で観戦していても観客にその感動が伝わってきて、みなさん選手が通り過ぎるたびに大声で応援していました。とくに復路の最後尾の日大の選手には、姿が見えなくなるまで惜しみない拍手が送られていました。

今年も感動と筋書きのないドラマをありがとう。

昨年暮れに今話題のスマートフォンに買い替えました。iPhone4にしようかアンドロイド携帯にしようか迷った挙句、auからsoftbankのアンドロイド携帯に切り替えました。まだ慣れないので四苦八苦していますが、ポケットの中に入る大きさのパソコンを持ち歩いているのと同じなので、今まで電話利用がほとんどなかった私にはうってつけかと思います。
家や教室のパソコンで保存したスケジュールをアンドロイド携帯でチェックしたり、写真やムービー撮影をしてすぐにブログやネットアルバムに送信したりと、これからいろいろ試していきたいと思います。

そこで、思い立ったのがデジフォト575です。詳しくは、本文をご覧ください。



1.「デジフォト575で画像と共に思いも残そう!」~写真と共に思いを575調で残しませんか


NHKの「カシャッと一句!フォト五七五」という写真と俳句を組み合わせた作品を一般から公募し、紹介してくれるコーナーをご存知ですか?
写真とともに俳句や川柳をカードに仕立てたものを紹介しています。「殿堂入り作品ギャラリー」を見ているとつい引き込まれてしまいます。

“フォト五七五とは”(原文引用)

「フォト575」とは、写真と575(俳句や川柳など)のコラボレーションによる新感覚アート。赤ちゃんやペットの写真に一句を添えたり、旅先で見つけた絶景に感動の一句を添えるといったものです。あなたもかけがいのない一瞬を、忘れたくない思い出を、カシャッと一句! 写真と言葉で描いてみませんか?


いかがですか、作品はだれでも投稿できます。NHKに投稿するのはためらってしまう方は、ぜひ、パソ友マガジンに投稿してください。敷居は低いですよ。みなさんで腕をあげて教室ぐるみで投稿できればいいですね。

今年は、デジカメの活用法として「デジフォト575」をお勧めします。写真を撮るときに頭の中に575があると写真の表現力や説得力が増すかと思います。「フォト575」だとパクリになるので「デジフォト575」と呼ぶことにしました。
僭越ながら、練習として作ってみました。参考にはなりませんがご覧ください。