パソ友マガジン265号2013/04/10

いつもパソ友マガジンをご愛読いただきありがとうございます。

■日吉パソコン教室情報誌Vol. 266 2013/04/24 号をお届けします。


2013.4.24 Wed


トイザラスが子供向けAndroidタブレットを発売 
  今のお子さんは、生まれた時からりパソコンやゲーム機に囲まれて育っています。つい先日も小学1年生がスマホで器用にゲームをしているのを見てその反応の速さに驚きました。われわれの子供時代におはじきやメンコで遊んだのと同じ感覚で熱中できるのでしょうね。

よく言われるようなゲームの功罪は置いておいて、子供にはこれから避けて通れないIT機器にいつから慣れさせるか、時期を見てとは言ってはいられない儒教ですね。
じゃ~いつ始めたらいいの?「今でしょ!!」

クリエイティブに学んで遊べるMEEP!の世界へ出発!


楽しそうですね。キッズ向けということで当然、管理機能も完備。パソコンやタブレット、スマートフォンなどから、「MEEP!」の管理サイトにアクセスし、インターネットやアプリなどの使用制限、使用履歴、使用時間などを、細部にわたりチェック可能となっています。
注目すべきは、らくらくスマホなどや一部のタブレットと違い、アプリの追加が可能となっています。オリジナルの「MEEP!ストア」の他、「Google Play」にも対応しているので、大人が使ってもいいくらいです。

気になるお値段は、トイザラスのオンラインショップで14,999円で販売されています。Wi-Fi環境があればすぐ利用ができるタブレット端末です。性能も中々です。自分用にいかがですか?


MEEP!を詳しく知りたければこちらから →http://www.toysrus.co.jp/f/meep/



カット野菜急成長の秘密
  我が家では、調理の時間短縮と食べるときに適量をということで、カット野菜を購入することがおおいいです。いまカット野菜はスーパーやコンビニで売り上げが急成長しています。
以前のように、手抜きだとか野菜のきれっぱしが入っているんだろうなどと勘繰られるようなこともなく、すっかり市民権を得たのがカット野菜です。
キャベツの千切りなどもきれいに切れているので、歯触りもいいです。「ローソンセレクト」のカット野菜は、2012年度の販売数量が、前年度からなんと約4倍に伸びています。

その急成長の裏に何があったのか、知ればカット野菜にもっと親しみが持てるのではないでしょうか。

詳しい紹介記事はこちら → http://toyokeizai.net/articles/-/13588





 春のデジカメピクニックの日程が決まりました!
  秋のデジカメピクニックは「神宮外苑&東京駅」を行い、とてもいい写真が撮れました。また、ランチもおいしくいただき、参加者からは大変ご好評を得、春はいつ行うのかとの質問が多く集まっていました。
デジカメピクニックは撮影する対象と劣らないくらい重要なのが会食の内容です。いつもそのセットで候補を絞るため、何かと制約も生じます。

思案の挙句いいところが見つかりました。それは、「京王フローラルガーデン“アンジェ”」という、四季の花や木が咲き、バーベキューガーデンのある施設です。京王多摩川駅の目の前に広がる緑のオアシスで、足の便もいいので今回はここに決めました。

開催予定日は5月24日(金)で予約を取ってありますが、都合の悪い方が多いようでしたら別の日に変更するかもしれませんが、今年は梅雨入りが早まるのではないかとの予測のもとの日程決めです。咲き誇る花々や新緑の木々を撮影し、バーベキューを頬張りませんか?

以下に概要を載せます。参加希望の方は参加の可否や希望日などをメールでお知らせいただければありがたいです。


春のデジカメピクニックin京王フローラルガーデン概要  
日 時 2013/05/24(金) 小雨決行とします 
場 所 京王フローラルガーデン
“アンジェ” 
京王相模原線「京王多摩川駅」前
集 合 10:30  京王相模原線「京王多摩川駅」改札を出て左側
昼 食 園内バーベキューガーデン
12:00~14:00 
東京都調布市多摩川4-38
TEL:042-480-2833 
撮 影 園内各所  東京駅舎をを撮影後新丸ビル7Fテラスへ移動 
会 散 バーベキューガーデンにて  その後は園内散策・ショッピング等自由行動 
参加費 オールドリンクフリー
 4,800円(入園料込)
 
下記内容にプラス
生ビール、ハイボール各種、カクテル各種、
サワー各種、焼酎各種、果実酒各種、ワイン各種 
ソフトドリンクフリー
 3,800円(入園料込)
 
コーラ、ジンジャーエール、オレンジジュース
ウーロン茶、緑茶、ぶどうソーダ、マンゴーソーダ
メロンソーダなど 
  ※詳しい案内は別途参加希望者に配布いたします。


 
 http://www.keio-ange.info/index.html

 
駅に隣接するエントランス
(京王多摩川駅には南武線武蔵小杉→稲田堤
京王稲田堤→京王多摩川、乗換えを入れ42分)


 
上空から見るとこんな感じ

 
http://www.keio-ange.info/img/ange_panf.pdf 

パンフレットダウンロードはこちらから
 
http://ange329.exblog.jp/

季節の花の開花情報などはこちらのブログから

 
http://www.herofield.com/bbq/ange/

バーベキューの詳しい内容はこちらから
 




あと一年に迫ったXPの寿命~所有者は今何をすればいいの? 



Windows XPの公式サポートが一年を切り、2014年4月9日で終了します。合わせてOffice 2003も同様にサポート終了となります。保有している人は刻々と迫るタイムリミットに対し、どのような対策を立てればいいのでしょうか?気になる情報をまとめてみました。

サポートが終了するとどうなるのでしょう。まずこの日を最後に、脆弱性(傷つきやすいこと。攻撃に対して弱いこと)を修正するパッチ(一旦完成したプログラムの一部を修正すること)が提供されなくなり、両製品の継続利用はセキュリティに対するリスクが最大となるのです。

日本マイクロソフトが4月9日に行った記者会見で樋口泰行社長は、XPやOffice 2003のユーザーにできるだけ新しいバージョンの製品の利用を求めています。新しい製品ならば、堅牢な耐震設計がなされているのと同じだといっています。
Officeも、2007からファイル拡張子が、従来の「doc/xls/ppt」から「docx/xlsx/pptx」に変更されています。Windowsと同様に多層的構造の防御機能を備えてるように設計変更されています。

Windows XPのサポートコストはWindows 7の5倍かかっているようです。ジャストシステムが調査した結果では、XPを現在利用しているというユーザーは28.7%で、類似の調査をみても、約3割程度がXPを使い続けているという状況にあります。Windows 7が世界OS市場で初のWindows XP超えを果たしたとはいえ、マイクロソフトにとっては目の上のコブであることには変わりはありません。2001年のXP発売から12年近くにわたる異例のサポート延長には多大なコストがかかりました。

マイクロソフトは移行支援の強化策として、(1)特設サイトや広告などを通じた告知強化、(2)中堅・中小企業向けの専門窓口の開設、(3)購入支援策の提供――を実施すると説明しています。(2)ではフリーダイヤル(0120-023-999)で電話相談に応じる。(3)では製品購入価格の最大15%ディスカウトなどの施策です。

それでは個人ユーザーの場合はどうなのでしょうか。マイクロソフトは、「XPは7の10倍危険!? 『中古でもいいのでXPから移行を』」と呼びかけています。そのように緊迫した状況で安全にパソコンライフをエンジョイするには、中古(最新OS入り)か新品のパソコンに買い替えるしかありません。XPを使い続けることの危険性は自分が被害者になる場合は仕方ありませんが、防御壁画ない状態では加害者になる場合もあるのです。

【まとめ】
■いつごろ・・・来年の4月から消費税アップがあるので、早めの今年9月頃くらいまで

■どうする・・・選択肢1:Windows 7か8のOSが入った中古パソコンへ買い換える
         選択肢2:Windows 7のOSが入った新品のパソコンを購入する
         選択肢3:Windows 8のOSが入った新品のパソコンを購入する
         選択肢4:XPを8にアップグレードする(これはお勧めしません)
         ※選択肢1~3までのパソコンにはOffice付と付かないものがあるので注意
           また付属するOfficeは最新版の2013となることにも知っておきましょう

■予算・・・・選択肢1の場合:楽天でWindows 7 Officeなしで1.3万~2.3万台位
        選択肢2の場合:EpsonダイレクトでOffice2013なし4.1万、あり5.7万
        選択肢3の場合:Amazonで東芝dynabook Office2013あり6.9万
        ※この参考例はエントリーモデルで上位モデルは参考にしていません。
          また、Windows 7にはスターターパック、OfficeにはOffice2年間ライセンス付
          という廉価なバージョンがあるので購入の時はご注意ください。
          判断に迷ったときは、教室までご相談ください。



気になるもの“ほぼスマホ”って何?
  今週はスマートフォンについて何か話題をと思い調べていると、「ほぼスマホ」というキーワードが浮かびました。以前から気になっていたのですが、スマートフォンやタブレット端末を操作するうえで、果たして入門機になるのかどうかを調べてみました。

下の画像にもある通り、スマートフォン本体はNECカシオのMEDIAS NE-202というモデルなのでドコモ向けのMEDIAS X N-07Dと同じタイプです。そして、高速通信の LTE対応なのでれっきとしたスマホではありませんか。
なのに「ほぼスマホ」とは???このキーワード、どうも引っかかりますね。

まず、結論から先に言いますと。
“電話機能のない(それに代わるものはある)データ通信量の上限があるスマホ、入門機という位置づけではなく、ヘビーユーザーではない人が通信コストを抑えてスマホを使いたいのであればこれ”というスマホです。つまり電話機能がないので、いままでの携帯電話を保有したまま使う、スマホの形をしたタブレット端末といえるかもしれません。
回線もNTTドコモの高速通信回線クロッシーを使うので快適な通信速度が確保されています。

しかし電話機が使えないとはいえ、アプリをダウンロードすれば「Skype」「Line」「050 plus」という無料通話用電話機にはできます。お友達が携帯電話の方が多ければ、「050 plus」で050で始まる新しいIP電話番号をもらって、その番号宛に電話をもらえば「ほぼスマホ」だけで済んでしまいますね。(「050 plus」の通話料は後述)

総合的に見れば、スマートフォンやタブレット端末の操作に慣れるにはピッタリの料金体系であり性能かもしれません。




下の表で普通のスマートフォンとほぼスマホを比較しながらその使い勝手を見ていくことにしましょう。


“ほぼスマホ”
「MEDIAS for BIGLOBE LTE」
多くのスマートフォンに
搭載されている機能
インターネット
メール
※Gmail等が利用可
SNS ×
音声通話 〇 ※1
アプリ
GPS ◎ ※2
電子マネー ×
ワンセグ
カメラ
動画撮影
赤外線通信 ◎ ※3
地図 
カレンダー 
緊急地震速報  ×
*1 BIGLOBEフォン・モバイルにご契約し、専用アプリをインストールすれば通話できるようになる。
*2 アシストGPSは非対応。
*3 テレビなどのリモコンを操作することはでない。



■Android端末としての性能
ほぼスマホの提供元NECビッグローブは、「BIGLOBE MOBILE」をキーワードに、従来からの固定回線上でのプロバイダーサービスの強みに加えて、モバイル環境での提案を加速させています。



OSのAndroid 4.0なので文句なし。画面は4.3インチでiPhon 5の4.0インチよりも大きい。カメラも810万画素あり、テレビ電話用に自分撮り用の130万画素レンズもついてます。テザリング機能が付いており、外に持参したノートパソコンやタブレット端末など10台分の通信を確保できます。そのほかにもワンセグ放送や赤外線通信にも対応しています。
これは私が持っているiPhone 5よりも優れたスペックとなっています。



■一般的なスマートフォンとの比較
BIGLOBE LTE・3G ライトSプランはNTTドコモのXi(クロッシィ)エリア/FOMAエリアでご利用いただける下り最大75Mbps*4の通信サービスです。
種類 DocomoXi Docomo Foma ほぼスマホ
基本使用料 タイプXi にねん
780円
タイプSS バリュー
980円
ライトSプラン
1,770円
パケット代金 Xiパケ・ホーダイ フラット
5,985円
パケ・ホーダイ ダブル
4,410円
ベーシックコース
210円
spモードまたは
iモード使用料
315円 315円 BIGLOBEフォン
050 IP電話
315円
その他 Xiかけ放題
700円
無料通話分
1,050円
端末料金  ―  1,970円 
端末購入補助  ―  -970円 
合計 7,780円 5,705円 3,295円
     ※ほぼスマホは、25か月後からは2,295円になります。



■参考資料
MEDIAS for BIGLOBE LTE:ライトSプラン トップページ
http://join.biglobe.ne.jp/medias/

BIGLOBEフォン・モバイル
http://mvoip.biglobe.ne.jp/index.html


パソコンの出荷台数が減少する中、スマートフォンとタブレットが売り上げを伸ばしています。めまぐるしく進化を遂げるスマートフォンとタブレット、欲しいな~と思っている方も多いのではないでしょうか。
いつ買うの?今でしょう!と購入を焦ってみても意味はありません。しかし、様子見ばかりでは乗り遅れてしまいます。

「ほぼスマホ」は高速で通信できる上限が1GBというで制限があります。それを越すととたんに低速になって動画などが快適に見れなくなります。でも、1GBという使い方を外出時に超えるという使い方は、一般的な使い方をしていれば超えるようなことはまれだと思います。
もし、Youtubeなどを見たければ自宅のWi-Fi環境下で行えば通信量に影響は出ません。

このBIGLOBEモバイルには7インチのタブレットのプランもあります。電話機のように使わないのであれば、画面の大きさは格段に違うのこちらの方が使いやすいかと思います。イヤホンを付ければ無料通話も行えます。

いかがでしたか参考になりましたか?また、次号でスマートフォンとタブレットに触れたいと思います。



生徒さんの作品紹介コーナー
  今年は桜が早咲きなので、3月30日からのレギュラー活用コースのデジカメ講座に間に合うか、とても心配していました。
通常は座学を一コマ行ってから実地で撮影を行うのですが、急きょ「散る前に撮影しておきましょう!」ということにして寒の戻りの中、金蔵寺さんにお邪魔しました。

境内の立派な桜が私たちを出迎えてくれました。そして参道には淡いピンク色のじゅうたんが敷き詰められていました。「これで空が青空だったな~」などと贅沢をいってはいけませんね。
新しいデジカメを買ったばかりの方々や家にあったデジカメを初めて操作した方など、法事中の境内でつい大きな声の度に「シーッ」とたしなめ合いながら楽しいひと時を過ごすことができました。


ガラスエッチング用の原稿作りをラベルマイティで行いました
写真はクリスタル・ストラップ用の原稿です。これを工房に送ります。

プレゼント用のマグカップを作りました。
フォトショップ・エレメンツで作りました。喜んで頂けるはずです。
 
逆から見るとこんな絵になっています。

お孫さんの成長に合わせ、2つ目のマグカップを作りました。
制作者は北見和子氏です。もちろんフォトショップ・エレメンツ使用です。

反対側のデザインは大好きな汽車です。運転手はボクだ。

花の形の欧文フォントを使ってきれいなマイノートを作りました。

裏表紙もきれいでしょ。

表紙を開いてもきれいなデザインが現れます。
ノート用の罫線も作り20ページ建ての立派なノートができました。
 
裏表紙を開けてもきれいなデザインが配されています。




「海外で大反響を呼ぶ! 人生の歩み方について教えてくれるタメになる話」という話題があります。その話には題名が付いています。「マヨネーズ瓶と2杯のコーヒー」というお話です。
日本でも「一杯のかけそば」というお話は有名です。でもこのマヨネーズ瓶は悲哀に満ちた家族の話ではありません。まさに人生哲学が語られているのです。それなのに“ジーンとくる”お話なのです。
これから人生の階段を一歩ずつ登っていく皆さんのお子さんやお孫さんに伝えたい内容だと思います。また、皆さん自身が自分を見つめるためにも・・・いや皆さんではなく私が・・・。



和訳付ブログです。クリックしてお読みください