パソ友マガジン332号2015/11/4

Pasotomo Magazine 
第332号(2015年11月4日号)

 News


期間限定のスマートフォン・タブレット向けスペシャルコンテンツを公開

ハロウィーンも終わり、街は一気にクリスマスモードへと突入しました。東京ディズニーリゾートでは11月9日(月)から12月25日(金)の間、クリスマスのスペシャルイベントが開催されます。
このイベント開催に先駆け、そのクリスマスの雰囲気を一足早くお楽しめる、期間限定のスマートフォン向けスペシャルコンテンツ「SYNC! ILLUMINATION(シンク!イルミネーション)」が公開されました。

スペシャルサイトにアクセスして手順に従って進めるだけで、クリスマスバージョンの「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」のパレードのアニメーションが、スマートフォンを横断する様子が楽しめるほか、画面をタップするとキャラクターの声を楽しむこともできます。

新学期が始まったら教室で楽しんでみましょう!スマホ・タブレットをお持ちの生徒さんはご持参ください。横に並べたスマホ・タブレットは最大20台までOKだそうです。教室でエレクトリカルパレードを再現してみましょう。

詳しい内容は下記東京ディズニーリゾート公式Blogページでご覧ください。






仰向けでも作業できるPCデスク+チェアシステム



写真でお分かりのように寝ながらパソコン操作ができるパソコンデスク&チェアーシステムです。

パソコン操作は目が疲れるものですが、肩がこる腰が痛い等ある意味体に無理な姿勢を強いるIT機器です。そのために、適当な休憩をはさんで操作するのが一番です。それが休憩しながら?操作できるとあれば使ってみたいものです。寝ながらの姿勢に疲れたら立ったまま操作することも出来ます。1台欲しいですね。

詳しくは上記記事をご覧ください。動画での説明もあります。ただし、金額は現在のところ特別価格で47万円で定価では71万円とのこと(^_^;)




「iPhone 6s/6s Plus」の3D Touchの強弱を波で表すテーブル


iPhone 6sでは、iPhoneを操作するための3D Touchというまったく新しい方法が加わりました。ディスプレイに加えた圧力の大きさを、iPhoneが感知するもので、今までのようにタップ、スワイプ、ピンチといったMulti-Touchジェスチャーに加えて、3D TouchではPeekとPopが加わりました。3D Touchを使うとiPhoneが微かなタップを返してくるので、プレスすることで目で見るだけでなく、感じることができる機能が加わりました。

その3D Touchを初めての人でも分かりやすく体験できる特殊なテーブルが出来上がりました。いまのところこのテーブルはサンフランシスコとニューヨークのAppleストアにしかありませんが、様子が紹介されていますのでご覧ください。

でも見てみると教室のパソコンのタッチ画面のスクリーンセーバーになっている魚たちと似ていますね。





美しい女子高生たちの休み時間の映像→衝撃の展開へ

資生堂の新CM「High School Girl?メーク女子高生のヒミツ」動画が話題となっています。最後には「だれでも可愛くしちゃう」というキャッチコピーが表示されるというこのCM映像。ご覧いただくのが一番いいかと思います。








 Topics

「デジカメピクニックin大船フラワーセンター」を実施ました

10月30日(金)“デジカメピクニックin大船フラワーセンター”が実施されました。
朝と昼の気温差が大きく朝は丁度良かった気温も昼頃には高くなり少し大変でした。しかし贅沢は言ってられません。雨にも合わず天気にも恵まれ楽しいデジカメピクニックとなりました。参加された皆様お疲れさまでした。
ランチの会席もとてもおいしかったです。食事後には有志で大船の商店街で買い物ツアーを行いました。私は大船での買い物は30年ぶりですがその安さに改めてビックリ。昔と変わっていません。いや驚きました。帰りの荷物があまり多くならないように買い物をセーブするのが大変でした。

ご都合が合わず参加できなかった皆様に当日の様子の一部をご覧いただきます。なお、この内容は教室のFacebookに載せた内容と重複する部分があります事をご了承ください。


 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 

今回もデジカメピクニックに合わせ「デジカメ写真コンテスト」を実施いたします。前回同様、「ピクニック部門」と「一般部門」の二部門でのコンテストとなりますので、参加できなかった方も含め大勢のご参加を希望しております。
詳細は次回のメルマガでご案内しますので、とりあえずデータを教室のご自分のフォルダーにコピーしておきましょう。





ハガキサイズ用スキャナー「ToRiZo」を購入しました

ScanSnapは小型軽量でA4サイズまで撮れるスキャナーであり持ち運びにも便利です。しかし、プリント写真や書類等1枚ずつ切り離されたもののスキャナーとしての用途に限定されます。ここでご紹介するToRiZoは製本された本やポスターカレンダー等をスキャンするときに役立つスキャナーです。

このToRiZoも持ち運びに適しています。ただし、充電式ではなく単三電池4本で動きます。また、パソコンがなくてもSDカードをセットすればそこに保存することが出来るのも特徴です。
ハガキや写真は複合機のスキャナーと同じようにガラスの上に載せてふたを閉めてスキャンします。ポスターやカレンダー包装紙、布生地等大きいものはふたを外してスキャナーをひっくり返して対象物の上から撮ります。何枚かに分割して撮った画像は同梱のHaRiZoというソフトで自動貼り付けしてくれます。

いずれ授業の時にご紹介しますが、使ってみた様子を簡単にご紹介しておきます。

箱の中には本体とソフトウエア、
説明書が入っています。
本体のふたを開けたところ。
カッターナイフと大きさを比較。
 
  裏面にもガラスが貼ってあります。 
  電池をセットし、電源を入れると
カーラー液晶にToRiZoのロゴ。
ここにはスキャンした画像が表示
され、枚数の確認等も行います。
 
  ふたは簡単に取り外しできます。 
  大きいものは逆さにしスキャン。
本体横にスキャンボタンがある。
スキャン範囲をダブらせながら何回
かに分けスキャンして行く。
 
  付属CDにはHaRiZoも付属している。 
  画像保存用のSDカードを本体にセットする。 
  HaRiZoを起動し
パソコンからリムーバブルディスクを
選択しDCIMを開く。デジカメと同じ。
スキャン画像が表示される。
「開く」ボタンをクリックする。
 
撮った枚数に応じ自動的に貼りあわ
せをしてくれる。
 
切り離せない大切な本のお気に入り
の柄がきれいに貼り合わされました。
カレンダーの壁紙に、ギフトカードに、
名刺のデザインに等利用範囲は広が
ります。
たとえば、ハンカチや靴下スカーフ等
のプレゼントの時も名刺大のギフトカー
ドに同じ柄を印刷してメッセージを入れ
差し上げれば喜ばると思います。
複数の方にプレゼントする時も間違わ
ずに済みます。
 

実物は教室でご覧ください。小さな優れものです。






 編集後記

10月26日に御殿場線ぶらり旅をしてきました。少し前から神奈川県内のまだ乗っていない鉄道に乗ってみようと計画していました。どの鉄道が該当するか考えてみたら南北に延びる鉄道ばかりでした。相模線、大雄山線、御殿場線が候補に挙がり、おいしいものが食べられそうなので御殿場線に決めた訳です。

御殿場線は昭和9年に丹那トンネルができるまでは東海道線の区間でした。今は国府津駅 - 沼津駅間60Kmは支線の御殿場線として単線化されワンマン運行されています。駅数は19(起終点駅含む)で、うち無人駅が3駅あります。標高差がある路線です。沼津は7m、御殿場は455mと大きいです。

沿線では御殿場で多少紅葉が始まりだしましたが、まだのようです。当日は晴れていましたが、多少モヤッテいたので富士山がくっきりとはいきませんでしたが御殿場から沼津まで、進行方向を右に左にと富士を望むことが出きました。

ぶらり旅のゴール沼津駅からバスで沼津港に出ておいしい海の幸を堪能できました。帰りは狩野川の土手沿いに沼津駅までウォーキングをしました。土手の上には人懐こい猫たちがいて魚の町に暮らすためかゆったりのんびりしていました。
歩きながら前を見ると大きな富士山が迫ってきました。いい旅でした。